【重要なお知らせ】FEEL DESIGNはBloom lab.に屋号を変更しました

ライティング|東京のホームページ制作チーム Bloom lab.(ブルームラボ)

OHTER PLAN 選べるオプション

プロのライターが紡ぐライティング

プロの技術で、ユーザーへしっかり価値を伝える

同じモノやサービスでも、キャッチコピーを変えただけで売上が2倍になったり、企業メッセージを変えただけで顧客層が変化することがあります。それほど「言葉」は重要なものになります。
いくら良い商品があり、差別化出来る要素があったとしても、「伝える」技術が弱かったら、ユーザーに価値は伝わりません。
伝える技術を備えたプロの「刺さる言葉」で、ユーザーに価値をしっかり伝えることで、結果につなげることができます。
Bloom lab.では、お見積もりの範囲内で、コンセプトワークから導き出された言葉と、お客様からいただく原稿をもとに、WEB用に見やすく、わかりやすくなるようにリライトをさせていただきますが、例えば、一番大事なキャッチコピーやコンセプト文、商品紹介文などをプロのライターさんに書き起こしてもらうということも可能です。

WEBライティングのポイント

1.文章の良さは結果につながる

WEBサイトを訪れる多くのユーザーは、デザインを見にきているわけではなく、WEBサイトにある情報を見にきています。
どんな素敵なデザインのWEBサイトでも、求めている情報が無ければユーザーは離れていってしまいます。
魅力のある文章、ユーザーの興味を惹く内容が見やすく表示されていなければ、商品やサービスの価値を伝えることはできません。
逆に言うと、良い文章がわかりやすく表示されていれば、ユーザーに価値を伝えることができ、結果につなげることができます。
商品やサービスの価値を伝えるのは文章の力と言えます。

2.SEO対策としても

SEO対策として1ページあたりの文章のボリュームも重要です。
検索結果を見ると1000文字以上のページが上位を占めているケースが多くあります。
文字数にも配慮し、わかりやすく質の高い文章を作成するためにも、専門のライターさんへ依頼をしたほうが良いケースがあります。

3.WEBで読みやすい文章を書く技術

WEBと紙媒体のどちらでも文章を読むことはできますが、それぞれの媒体で目的やかける時間などが異なります。
紙媒体の場合は有料でも時間をかけて読んでくれます。
一方、WEBの場合は、ユーザーはすぐに答えを知りたいので、結論から書いたり、見出しを多く使い、読みやすく工夫することが必要です。
WEBライティングでは、ユーザーにとって読みやすく、興味深いと思えるような文章を組み立てていく技術と、SEO対策を踏まえたライティングの技術が必要になります。

4.ライティングの手順

基本的にWEBサイトにどのような内容を掲載されたかがわかるよう、基本的な情報としてお客様から原稿をご提供いただきます。
その原稿をもとに、各ページの構成を組み立てていきます。
構成では、キャッチコピー、写真、文章の入る場所、どのような内容をどこに配置するかを決めていきます。
ターゲットやWEBサイトの目的に合わせた、文章のテイストもある程度固めます。
この段階で、ライターさんに書いていただきたい内容、文字数、テイストなどを決定していきます。
その後、ライターさんによるインタビューを実施し、ライティングを行なっていただきます。
WEBサイトの価値を高めるために、ライティングをご希望の方は是非、ご相談ください。

費用の目安

文字数、ライティング内容により異なります。
ご相談ください。

Bloom lab.ではプロのライターによりライティングもサポートさせていただきます。
気になる方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせする