【重要なお知らせ】FEEL DESIGNはBloom lab.に屋号を変更しました

サービスサイト制作|東京のホームページ制作チーム Bloom lab.(ブルームラボ)

WEB SITE ホームページの種類

商品やサービスの訴求に特化サービスサイト制作

サービスサイトとは?

サービスサイトは、企業・団体・個人が特定の商品やサービスの情報提供をするホームページです。
最終的な目的はもちろん、商品を購入してもらったり、サービスを利用してもらったりすることになります。
店舗を持たずにWEB上のみでサービスを運営することも可能になります。

サービスサイト制作のメリット

分かりやすいWEBサイトを構築できる

ひとつのWEBサイトで企業ブランディングとセールスを同時におこなおうとすると、企業のトーンに合わせたコンテンツ・デザインとなり、商品やサービスの訴求が弱くなります。
コンテンツの切り分け次第では、ユーザーにとって分かりづらいWEBサイトとなってしまう恐れがあります。
「制作するのはサービスサイト」と明確にすることで、ターゲットが絞られ、目的にフォーカスしたわかりやすいWEBサイトの構築が可能となります。

2.ターゲットを絞り込んだコンテンツ制作ができる

サービスサイトの役割は、まず商品やサービスを知ってもらい、興味を持ってもらうことになります。 ターゲットは、商品やサービスを購入もしくは利用する可能性のある見込顧客と、リピーターになってもらいたい既存顧客に絞られます。 サービスサイトはターゲットの限定がしやすいため、より専門性の高いコンテンツ制作やメッセージ訴求がしやすくなります。

3.SEO対策をしやすい

SEO対策は、WEBサイトの目的・ターゲットを絞れば絞るほど対策がしやすくなります。 例えば、「不動産事業」「人材派遣事業」の2つの事業を行う会社があるとします。 目的・ターゲットが別々なため、2つの事業をまとめて1つのWEBサイトを制作するよりは、個別に制作したほうが選定キーワードが絞り込め、コンテンツも1つのテーマに沿って制作することができ、SEO対策がしやすくなります。

サービスサイト制作で大切なこと

「サービス・商品を紹介するサイトを制作する」と目的を限定することで、ターゲットを絞り込むことができます。
絞り込んだターゲットに合ったコンテンツをつくり、デザインの方向性を定め、SEO対策をすることが大切です。
また、見込顧客や既存顧客に商品・サービスに関連する、様々な情報、例えば、その分野の基礎知識やお困りごとの解決方法などを紹介する記事を掲載するのがおすすめです。
商品・サービスの紹介のみを掲載したWEBサイトでは、その商品名やサービス名で検索するユーザーからの流入しか見込めません。
しかし、役立つ情報をサービスサイト内であわせて提供することで、悩みを抱えているユーザーや、その商品やサービスを必要としている可能性のあるユーザーが、WEB検索からたどり着いて、その存在を認知してもらう機会をつくることができます。
サービスサイトでは、日々変化する市場の状況に対応して、柔軟に、頻繁に更新をかけていくことも大切です。

サービスサイトのコンテンツ例

  • 商品・サービス紹介(こんな方におすすめ/料金/スペック etc.)
  • お客様の声(ビフォーアフター/感想 etc.)
  • コラム・ブログ(商品の使い方/新サービスの紹介/商品ができるまで/使用例 etc.)
  • スタッフ紹介(想い/プロフィール etc.)
  • 会社情報(メッセージ/会社概要/アクセス etc.)
  • カタログダウンロード/お知らせ/お申し込み・お問い合わせ など

サービスサイト制作の事例

Bloom lab.では結果につながるサービスサイトの制作をサポートさせていただきます。
気になる方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせする